ねぶた/ねぷた

ねぶたの意味

ねぶたとは、東北地方で行われる七夕行事のひとつ。紙貼りの人形・動物などに火を灯して屋台やに載せ練り歩く。特に、青森市・弘前市のものが有名。弘前では「ねぷた」と呼ぶ。

ねぶたの由来・語源

ねぶたは「眠たし(ねむたし)」の語幹に由来する説が有力で、かつて各地で見られた「眠り流し」の行事が発展したものといわれる。
眠り流しの行事は、七夕にの枝や藁人形を流すもので、の収穫期をに、労働を妨げる睡魔をはらうために行われた。
ネムノキに擦りつけ、「ねぶた流し河流し」と唱えながら川に流す地方もある。
青森市の「ねぶた」と弘前市の「ねぷた」の違いは、「ねむたい」を言うときの方言の違いであろう。

「ねぶた/ねぷた」の類語・言い換え

1

2

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。