棟梁/とうりょう

棟梁の意味

棟梁とは、一族・一門の統率者。集団のかしら。特に、大工の親方。

棟梁の由来・語源

棟梁は文字通り、建物の「棟(むね)」と「梁(はり)」をいった言葉である。
棟と梁は建物を支える重要な部分であることから、棟梁は集団の統率する中心的人物をいうようになり、一国の臣を指すようになった。
建築に由来する言葉であるためか、やがて、棟梁は大工・左官・鍛冶などの集団の長を指すようになり、近世頃から、特に、大工の親方を「棟梁」と言うようになった。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。