打って付け/うってつけ

    意味

    うってつけとは、物事がぴったり合っていること。また、そのさま。あつらえむき。

    うってつけの由来・語源

    うってつけは、文字通り「打って付ける」ことで、釘を打ち付けてをぴったりくっつけることを表した。
    具体的な動作を表す言葉から、現代で用いられる「うってつけの仕事」のように抽象的な概念を表すようになったのは、江戸時代後期頃である。
    ただし、現代では「うってつけの」と用いられるが、かつては「うってつけな」という形容動詞が用いられていた。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。