虫酸が走る/虫唾が走る/むしずがはしる

意味

虫酸が走るとは、がむかむかするほど不快でたまらないこと。

虫酸が走るの由来・語源

虫酸が走るの「虫酸(虫唾)」は、胸がむかむかしたに胃からに出てくる酸っぱい液のことで、「走る」は口に出てくること。
虫酸が走るは、虫酸が口に出てくるほど、不快でたまらないという意味になる。
虫酸の語源には、胃の中にいる寄生虫が出す唾液と考えた「虫の唾」とする説と、寄生虫による酸っぱい液なので「虫の酸」とする説がある。
そのため、漢字も「虫酸」と「虫唾」の表記があり、歴史的仮名遣いも「むしづ」と「むしず」の二説ある。


TOP