鼻持ちならない/はなもちならない

意味

鼻持ちならないとは、言動が嫌味我慢できない。

鼻持ちならないの語源・由来

鼻持ちならないは、「鼻持ち(が)ならぬ」が変化した語。
鼻持ちとは、臭気を我慢する意味の名詞であるが、単独での使用例がなく、意味の不確かな言葉である。
「ならぬ」は「できない」という意味で、鼻持ちならないは、臭気が我慢できないという意味から転じたものである。
古くは、「鼻持ちがせられぬ」とも言った。
また、臭くて鼻を向けることができないの意味から、「鼻向けならぬ」という類語表現もあった。

鼻持ちならないの類語・言い換え

堪忍袋の緒が切れる/辛抱ならない/我慢ならない/我慢の限界/耐え難い/腹に据えかねる/腸が煮えくり返る/仏の顔も三度まで/洒落にならない/業を煮やす忌々しい/苦々しい/心疚しい/うんざり/気に入らない/気に食わない/眉を曇らす/眉をひそめる/頭に来る/怒りを覚える/腹立たしい/不快/不愉快/癪に障る/癇に障る/気に障る/神経に障る/胸糞が悪い/胸気/虫酸が走る/吐き気がする/反吐が出る/嘔吐を催す/気分が悪い/気分を害する/気を悪くする/感情を害する/ムカムカする/ムカつく/腹が立つ/向かっ腹が立つ/腹立つ/気が立つ/憤る/憤慨する/苛立たしい/イライラする/イラつく/苛立つ/憎らしい/憎たらしい

TOP