業を煮やす/ごうをにやす

業を煮やすの意味

業を煮やすとは、思うように事が運ばず、腹を立てる。

業を煮やすの由来・語源

業を煮やすの「業」は仏教語で、人間身体・言語・によって行われる行為を意味し、この場合は心の動きを表す。
「煮やす」は、火にかけ熱することから、怒りなどの気持ちを激しくすることをいう。
そこから、平静であった心の動きが、怒りで激しくなることを「業を煮やす」というようになった。
「業が煮える」や「業を沸かす」も、同じ用法からである。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。