業を煮やす/ごうをにやす

意味

業を煮やすとは、思うように事が運ばず、腹を立てる。

業を煮やすの語源・由来

業を煮やすの「業」は仏教語で、人間身体・言語・によって行われる行為を意味し、この場合は心の動きを表す。
「煮やす」は、火にかけ熱することから、怒りなどの気持ちを激しくすることをいう。
そこから、平静であった心の動きが、怒りで激しくなることを「業を煮やす」というようになった。
「業が煮える」や「業を沸かす」も、同じ用法からである。

業を煮やすの類語・言い換え

業が煮える/業を沸かす/業腐らかす/むくりを煮やす/腸が煮えくり返る/腸が煮え返る/腹が煮える/腹に据えかねる/堪忍袋の緒が切れる/辛抱ならない/我慢ならない/我慢の限界/耐え難い/仏の顔も三度まで/洒落にならない/うんざり/鼻持ちならない/気に入らない/気に食わない/腹を立てる/立腹する/イライラする/憤る/憤慨する/怒る

TOP