財布/さいふ

    意味

    財布とは、金銭を入れるでつくった袋。

    財布の語源・由来

    漢語の「財布(サイフ)」に由来する。
    「財」は財宝や財産などの「財」、「布」は木綿や麻の織物を用いて作った袋のことで、財布は財産を入れるための布袋のことである。
    明治時代の辞書『和訓栞』には「さいふ 割符(わりふ)の義也といへり、今は其器(そのき)を称せり」とあり、「さいふ(割符)」の意味から、それを入れる入れ物を呼ぶようになったかのように書かれている。
    しかし、これは「さいふ(割符)」と「さいふ(財布)」の音が同じであることから、混同したものと考えられる。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。