大黒柱/だいこくばしら

大黒柱の意味

大黒柱とは、民家の土間と床の境の中央に立てる最も太い柱。建物の中央に最初に立てる柱。家族や国など集団の中心となり、それを支える人物。大極柱とも。

大黒柱の由来・語源

大黒柱の語源には、朝堂院の正殿「大極殿(だいこくでん・だいごくでん)」の柱を「大極殿柱」ということから、「大極柱」が転じて「大黒柱」になったとする説。
室町時代から、恵比寿大黒の大黒様は富を司るとして祭られていたため、大黒天にちなみ「大黒柱」になったとする説。
国の中の柱という意味の「大国柱」の「大国」が転化し、「大黒柱」になったとする説などがある。
大黒柱は建物の中央にあり、全体を支える役割をすることから、集団の中心となり、支える人物も「大黒柱」と言うようになった。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。