羽島市/はしまし

意味

羽島市とは、岐阜県の南西部に位置する市。成立は昭和29年。

羽島市の語源・由来

明治30年(1897年)、郡制の施行によって羽栗郡と中島郡が合併した際、それぞれの一文字を使い「羽島郡」となった。
昭和29年(1954年)、郡南部の竹ヶ鼻町・足近村・小熊村・正木村・福寿村・江吉良村・堀津村・上中島村・下中島村・桑原村が合併して「羽島市」が発足した。

羽島の元となる羽栗郡は尾張国葉栗郡の一部、中島郡は尾張国中島郡の一部であった。
これらの郡は大洪水で分断されたため、木曽川を境に美濃側の地域は美濃国に編入された。
その際、尾張国と美濃国で区別するため、葉栗郡は「葉」の字が「羽」に変更され、「羽栗郡」となった。
中島郡は変更されることなく、尾張も美濃も同じ字を使用している。

葉栗の由来は、川に浸食されやすい所なので、「ハ(端)・クリ(崩壊地形)」や「ハグ(剥ぐ)・リ(接尾語)」などの説がある。
中島の由来は、川に囲まれた島状の地の意味からと思われる。

羽島市のシンボル

市の:貝塚伊吹
市の:美濃菊

岐阜県の市町村名

岐阜市大垣市高山市多治見市関市/中津川市/美濃市/瑞浪市/恵那市/美濃加茂市/土岐市/各務原市/可児市/山県市/瑞穂市/飛騨市/本巣市/郡上市/下呂市/海津市/岐南町/笠松町/養老町/垂井町/関ケ原町/神戸町/輪之内町/安八町/揖斐川町/大野町/池田町/北方町/坂祝町/富加町/川辺町/七宗町/八百津町/白川町/東白川村/御嵩町/白川村

TOP