銀行/ぎんこう

銀行の意味

銀行とは、預金を受け入れ、資金の貸付、手形割引、為替取引などを主な業務とする金融機関。

銀行の由来・語源

銀行は、英語「bank(バンク)」の訳語。
幕末から明治初期には「両替屋」「両替問屋」「為替会社」とも訳されたが、「バンク」という語をそのまま用いることが多かった。
明治5年(1872年)には訳語の「銀行」が見え始めるが、官庁などの専門的な訳語として用いられるに過ぎず、一般にも定着したのは明治10年代になってからである。
日本で「銀行」が使われる20年ほどから、中国では「bank」の訳語として用いられているため、その拝借と考えられるが、訳語を「金行」とする案もあったことから、単に拝借したわけではないと考えられる。
「金行」ではなく「銀」を用いて「銀行」とした理由は、当時の貨幣制度が銀本位であったことや、「きんこう」よりも「ぎんこう」の方が発音しやすかったためといわれる。
銀行の「行」は、中国で「同業商人組合」を意味する。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。