墓/はか

    意味

    墓とは、遺体・遺骨を葬る場所。また、しるしとしてそこに立てるなどの建造物。土を高く盛って築いた墓は「塚(つか)」、考古学上の墓は「墳墓(ふんぼ)」と言う。

    墓の由来・語源

    墓の語源は諸説あるが、「果処(はてか)」の意味とする説や、「葬処(はふりか)」の略とする説あたりが有力とされる。
    他に有力な説としては、生死の間は遥かであることから「遥か(はるか)」とする説や、「儚し(はかなし)」といった説もある。
    漢字「墓」の「莫(バク)」の部分は、太陽がの中に沈んで隠れることを示す会意文字で、「墓」の漢字には死者を見えなくする土盛りの意味がある。
    日本では、646年の「薄葬令」で墓制を定めて、墳墓の規模が規制された。
    墓標を立てる風習は、平安時代に造寺・造塔が盛んとなって、塔を立てる風習が生じたことによる。
    角石形の墓標が普及したのは江戸中期以降で、寺院内に墓が造られることが一般化したのは江戸時代以降である。

    「墓」の類語・言い換え

    1

    2

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。