旅/たび

意味

旅とは、住む土地を離れて、一時、他の土地に行くこと。旅行。

旅の語源・由来

旅の語源には、「たどる」「他日(たび)」「外日(とび)」「外辺(たび)」「飛(とび)」「発日(たつび)」「他火(たび)」「給(たべ)」のほか数多くの説がある。
古くは、遠い土地に限らず、住居を離れることをすべて「たび」と言った。
その意味では、「たどる日」「外辺」「発日」あたりが妥当と考えられる。
また、旅は多くの危険にさらされる苦しいものと考えられていたため、「他日」や「外日」など別の地で過ごすことから「たび」となったものか、他の家で調理したものを頼る意味で「他火」や、食物を貰う意味で「給(たべ)」からとも考えられる。
旅の語源を「飛(とび)」とする説は、飛行機がない時代なので、遠くへ行くといった意味の「飛び」である。
しかし、上記のように旅は、遠い場所と限られていなかったことや、苦しいものと考えられていたことから、「飛(とび)」が旅の語源とは考え難い。


TOP