カワセミ/翡翠/川蝉/かわせみ

意味

カワセミとは、ブッポウソウ目カワセミ科の。全長約17センチ。からにかけて瑠璃色。くちばしが大きい。水辺に棲み、や昆虫を食べる。ショウビン。ソニドリ。また、カワセミ科の鳥の総称。

カワセミの由来・語源

カワセミの「カワ」は「川」のことだが、「セミ」は昆虫の「蝉」ではない。
「セミ」は古名の「ソニ」が「ソビ」に転じていることから、「ソビ」「セビ」「セミ」と変化したと考えられる。
「ソニ」の「ニ」は「土」の意味で、「ソニ(青土)」からといわれるが、「ニ(丹)」が「」や「赤土」を意味したことから、ソニは「アカショウビン」を指した名前と考えられる。
その他、カワセミの語源には、川にいる背が美しい鳥なので、「川背美」の意味とする説もある。

漢字の「川蝉」は、音からの当て字。
「翡翠」の漢字は、光の当たり具合によって、背の色が色にも見えるところからの当て字である。

「カワセミ」の別名・種類

1

2

TOP