羊頭狗肉/ようとうくにく

羊頭狗肉の意味

羊頭狗肉とは、実質や内容が見かけと一致しないこと。見掛け倒しのこと。

羊頭狗肉の由来・語源

羊頭狗肉は「羊頭を掲げて狗肉を売る」を略した四字熟語で、出典は中国宋時代の禅書『無門関(むもんかん)』。
羊頭とはのこと、狗肉はを意味する。
店頭の看板には羊頭を掲げておきながら、実際には狗肉を売る意味が転じて、羊頭狗肉は見せ掛けは立派だが実物は違うといった意味になった。
さらに、ごまかしの喩えとしても、羊頭狗肉は使われるようになった。
羊頭狗肉の類句には、『晏子春秋(あんししゅんじゅう)』の「牛首を掲げて馬肉を売る(ぎゅうしゅをかかげてばにくをうる)」がある。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。