疣/いぼ

    意味

    いぼとは、皮膚の一部が増殖変化して、小さく盛り上がったもの。物の表面の小さな突起。

    いぼの由来・語源

    古くは「いひぼ(いいぼ)」と呼ばれており、「ひ(い)」が略されて「いぼ」になった。
    「いひぼ」は「飯粒」を表す言葉であるから、皮膚にできる粒のようなものと喩えたところからと考えられる。

    漢字の「疣」は、病垂れに「犬」ではなく、「もっとも」に用いられる「尤」である。
    元々、「尤」のみで「にできたイボ」を表したが、「尤」が「目立つ」の意味で用いられるようになったため、「疣」が「イボ」を表すようになった。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。