猫も杓子も/ねこもしゃくしも

猫も杓子もの意味

猫も杓子もとは、誰も彼も。なにもかも。

猫も杓子もの語源・由来

猫も杓子もは、寛文8年(1668年)の『一休咄』に「生まれては死ぬるなりけりおしなべて 釈迦も達磨も猫も杓子も」とあり、それ以前には使われていたことがわかる。
猫も杓子もの語源は、以下のとおり諸説あるが未詳。

1.「猫」は「神主」を表す「禰子(ねこ)」、「杓子」は「僧侶」を表す「釈氏・釈子(しゃくし)」で、「禰子も釈氏も(神主も僧侶も)」が変化したとする説。

2.「猫」は「女子(めこ)」、「杓子」は「弱子(じゃくし)」で、「女子も弱子も(女も子供も)」が変化したとする説。

3.「猫」は「寝子(ねこ)」、「杓子」は「赤子(せきし)」で、「寝子も赤子も(寝る子も赤ん坊も)」が変化したとする説。

4.「杓子」は「しゃもじ」のことで、主婦が使うものであることから「主婦」を表し、「猫も主婦も家族総出で」という意味から出たとする説。

5.猫はどこにでもいる動物、杓子も毎日使う道具であることから、「ありふれたもの」の意味から出たとする説。

猫も杓子もは『一休咄』にも出てくるため、1の説が有力とされることもあるが、それだけでは根拠とならない。
1の語源説も含め、こじつけと思える説ばかりだが、口伝えで広まったとすれば、音変化や漢字の表記が変化することは考えられる。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。