占い/うらない

    意味

    占いとは、将来の運命や物事吉凶などを判断・予言すること。また、それを職業とする

    占いの由来・語源

    は、単に「占(うら)」と呼ばれていた。
    その「占」に、接尾語の「なう」が付いて動詞「占う」となり、その名詞形で「占い」となった。
    占いの「占(うら)」は、「心(うら)」である。
    「心(うら)」は「表に出さない裏の」「外面に現れない内心」の意味で、「うらさびし」といった言葉も、占いと同様に「心(うら)」に由来する言葉である。

    「占い」の類語・言い換え

    1

    2

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。