サバ/鯖/さば

意味

サバとは、スズキ目サバ科のうち、サバ類の魚の総称。一般に日本近海ではマサバとゴマサバの二種をさす。背部は青緑色で流紋がある。

サバの由来・語源

サバは歯が小さいことから、「小歯(さば)」や「狭歯(さば)」の意味、「セバキ(狭)」の略転などの説が有力とされている。
多数で群れをなすことから、多いことを意味する古語「サハ」が濁音化して「サバ」になったとする説もあり、意味も濁音化も十分に考えられるため捨てがたい。
他には、盂蘭盆で蓮ので包むであり葉をくさくさすることから、「サ」は「クサシ」の上下略、「ハ」は「葉」といった説があるが考慮しがたい。

【関連リンク】
サバ(マサバ)の栄養・効能や旬など、サバの基礎知識


TOP