おかか

意味

おかかとは、鰹節。または、それを削ったもの。削り節。

おかかの語源・由来

おかかは、かつおの語頭「か」を繰り返した「かか」に、「お(御)」を加えて丁寧にした女房詞。
かつお節の「か」を繰り返したという説も見られるが、『日葡辞書』に「カカ」は「カツオを意味する女房詞」とあるため、厳密にはかつお節の「か」ではなく、かつおの「か」である。
おかかが「かつお節」を表すようになったのは近世のことで、男性が「おかか」の語を使用するようになったのは近世後期からである。

おかかの類語・言い換え

鰹節/かつぶし/削り節/鰹削り節/掻き鰹/鰹枯節削り節/花鰹/荒節/枯れ節/本枯れ節/本節/背節/男節/雄節/女節/雌節/腹節/亀節/土佐節/本土佐節/本土佐

TOP