逆鱗に触れる/げきりんにふれる

逆鱗に触れるの意味

逆鱗に触れるとは、天子の激しい怒りを受ける。目上の人を激しく怒らせる。

逆鱗に触れるの語源・由来

出典は『韓非子(説難)』。
逆鱗に触れるの「逆鱗」とは、竜のあごの下にある一枚の逆さまに生えたうろこのこと。
この鱗に触れると、普段はおとなしい竜が怒り、必ず殺されるという伝説から、天子の怒りを買うことを「逆鱗に触れる」と言うようになった。
転じて、上司や先生など、目上の人に逆らって激しい怒りを買う意味でも、「逆鱗に触れる」は用いられるようになった。

竜の怒りが天子の怒りとなるのは、天子が竜にたとえられるためである。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。