大きい/おおきい

意味

大きいとは、物の形・容積・面積・身長などが、他のものより上回っていること。

大きいの由来・語源

「大きい」と「多い」は、上代では区別されておらず、共に「オホシ(おおし)」で表されていた。
平安時代に入ると、「オホシ」の連体形「オホキ(おおき)」が「大きい」の意味を担うようになり、形容動詞の「オホキナリ(おおきなり)」が成立した。
室町時代以降、「オホキ」に形容詞語尾の「イ」が付いた「オホキイ(おおきい)」が口語の中で用いられるようになった。


TOP