轟く/とどろく

意味

轟くとは、鳴り響く。響き渡る。広く世間に知れ渡る。有名になる。鼓動が激しくなる。

轟くの語源・由来

轟くの語源には、「遠く驚く」の意味からとする説もあるが、が大きく響き渡るさまを表す「とどろ」に、接尾語の「く」が付いて動詞化した語である。
遠くでかみなりが鳴ったり、連続して太鼓が鳴り響く低い音を「どろどろ」や「どどん」と表すように、「とどろ」も擬声語と考えられる。
「轟く」の漢字は、多くのが往来することを表した会意文字で、多くの車が往来する音から「とどろく」に当てられた。

轟くの類語・言い換え

音が轟く

とどめく/ほめく/轟めく/響き渡る/鳴り響く/鳴り渡る/鳴りはためく/鳴り轟く/耳を劈く/響く/響む/鳴る/唸る/はたたく/はためく/高鳴る/どよめく/鳴動する/聞こえる/うるさい/やかましい

世間に轟く

知れ渡る/知られる/周知される/有名になる/評判になる/響き渡る/馳せる/聞こえる/伝わる/知らしめる/人口に膾炙する

期待や興奮で胸が轟く

胸が轟く/鼓動が高まる/鼓動が早まる/ドキドキする/高鳴る/高ぶる/血が騒ぐ/動悸がする/心拍数が上がる/胸が躍る/胸が弾む/心が弾む/心が踊る

TOP
テキストのコピーはできません。