ガッテン/合点/がってん

意味

合点とは、承知・理解・納得・同意すること。

合点の由来・語源

合点は、和歌・連歌・俳諧などで、優れた作品に「〽」「○」「・」などの印をつけることを「合点」と言ったことに由来する。
和歌に点をつけることを「点を合ふ」と言い、それを変体漢文で「合点」と書かれて出来た言葉であるため、和製漢文と思われる。
また、回覧文書などを見たに、自分名前の上に承知の意味として「合点」と同じように印をつけていたため、「承知」や「同意」の意味として一般で使われるようになった。
腑に落ちない意味の「合点がいかない」は、「がってん」の転で「がてん」と言う。


TOP