風呂敷/ふろしき

意味

風呂敷とは、物を包んで持ち運ぶために用いられる四角い

風呂敷の由来・語源

風呂敷は、風呂に敷くことからの名である。
室町時代の風呂は蒸し風呂のようなもので、蒸気を拡散させるために「むしろ」「すのこ」「布」などが床に敷かれていたものが風呂敷の起源だが、現代の風呂敷にあたるものは「平包(ひらづつみ)」と呼ばれていた。
足利義満が大湯殿を建てた際、大名達が他のの衣服と間違えないよう、脱いだ衣服を家紋入りの絹布に包み、湯上りにはこの絹布の上で身繕いをしたこという記録があり、これが「風呂敷」と「平包」の間に位置するものと考えられる。
江戸時代に入り、をはった銭湯が誕生し、衣類や入浴用具を四角い布に包まれるようになったのが、現在の風呂敷に最も近いもので、風呂に敷く布のようなもので包むことから「風呂敷包み」や「風呂敷」と呼ばれるようになった。
銭湯が発展したのに伴ない、江戸時代の元禄頃から「風呂敷」の呼称が一般に広まっていった。


TOP