アナゴ/穴子/あなご

意味

あなごとは、ウナギ目アナゴ科に属するの総称。普通アマナゴをさす。

あなごの語源・由来

日中は岩穴や砂の中に棲む夜行性の魚であることから、「あなご」と呼ばれるようになったとする説が有力とされる。
この説では、「穴籠り(あなごもり)」が変化して「あなご」になったとの見方もある。
また、あなごの「なご」の語根が、うなぎの「なぎ」と共通し、水中に棲む長い生き物を「nag」の音で表していたとも考えられている。
「nag」の音に関連する説では、「長魚(ながうお)」が転じた説がある。

穴籠りする穴子

穴籠りする穴子

あなごの別名・類語

アナゴ科のあなご

海鰻/ハモ/ハム/ヘビ/ハカリメ

秋田県や新潟県の方言のあなご

ヌタウナギ/メクラウナギ

関連リンク

TOP