飛竜頭/ひりょうず

意味

飛竜頭とは、関西でいうがんもどき。うるち米ともち米の粉を混ぜて練り、で揚げた食品。飛龍頭。飛竜子。ひりゅうず。ひろうす。ひりうす。

飛竜頭の由来・語源

飛竜頭は、ポルトガル語「filhos(フィリョース)」に漢字を当てたものである。
「filhos」とは、小麦粉にを混ぜ合わせ、油で揚げた菓子のこと。
元禄2年(1689年)の『合類日用料理指南抄』にある「ひりやうす」の作り方が、これに近い。
元禄10年(1697年)頃、ごぼうきくらげを炒ったものと、豆腐をすったものを混ぜ合わせ、丸めて油で揚げた精進料理の「豆腐巻(とうふけん)」が、「飛竜頭」と呼ばれるようになっている。
そのため、部分的に製法が似た料理に「飛竜頭」の名が用いられた結果、「がんもどき」を指すようになったと考えられる。

【関連リンク】
がんもどきの栄養・効能など、がんもどきの基礎知識


TOP