シャモ/軍鶏

意味

軍鶏とは、ニワトリの一品種。丈が高くてが太く、大きな蹴爪をもつ。闘鶏用に飼育されるほか、食肉用・観賞用としても飼育される。天然記念物。

軍鶏の由来・語源

軍鶏は、江戸時代にシャム国(現在のタイ)から渡来したニワトリの品種で、「シャム猫」の「シャム」と同じく原産地の「シャム」に由来する。
渡来した当時は「シャム」や、「シャム」の別称「シャムロ(暹羅)」から「シャムロケイ(暹羅鶏)」と呼ばれていたが、明治時代から「シャモ」と呼ばれるようになった。
漢字の「軍鶏」は、闘鶏用ニワトリの意味からの当て字で、「ぐんけい」とも言う。
軍鶏はがっしりしたで気性も荒いことから闘鶏用に飼われてきたが、肉質も優れることから現在は主に食肉用として飼われる。


TOP