切磋琢磨/せっさたくま

意味

切磋琢磨とは、学問や道徳に努め励むこと。仲間同士で励まし競いあって向上すること。

切磋琢磨の語源・由来

切磋琢磨の出典は、中国最古の詩集『詩経』の「衛風(えいふう)・淇奥(きいく)」による。
「切」は骨や象牙を切ることで、「磋」はそれらを研ぐこと。
「琢」は玉やを打ち叩くことで、「磨」は磨くことを意味する。
『詩経』ではこれらの語を用いて「切するが如く磋するが如く、琢するが如く磨するが如く」と、細工師の技工や完成した細工品にたとえて、衛の武公をたたえた。
そこから、切磋琢磨は学問や精神・人格を磨き、向上することを意味するようになった。
「切磋」のみ「琢磨」のみで用いることもある。

切磋琢磨の類語・言い換え

砥礪切磋/切磋/琢磨/粒粒辛苦/研鑽/修業/修行/修練/鍛錬/精錬/体練

切磋琢磨するの類語・言い換え

競い合う/競り合う/刺激し合う/張り合う/高め合う/励まし合う/磨き合う/しのぎを削る

TOP