白書/はくしょ

白書の意味

白書とは、経済や産業などの現状や将来の政策を知らせるため、政府の各省庁が発行する公式の調査報告書。

白書の由来・語源

白書は、イギリス政府が発行する公式外交報告書「white paper」の邦訳。
「white paper」の名は、表紙がいことに由来する。
日本で最初の白書は、昭和22年(1947年)の片山哲内閣が発表した『経済実相報告書』で、『経済白書』の名が登場したのは、昭和26年(1951年)のことである。
「青書」と呼ばれるものもあるが、これは「Blue Book」の訳で、イギリス議会の報告書の表紙の多くがいことに由来する。
日本の白書の中で「青書」と呼ばれるのは、外務省の『外交青書』のみである。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。