死んだ子の年を数える

意味

死んだ子の年を数えるとは、どうしようもない過去のことを後悔することのたとえ。

死んだ子の年を数えるの語源・由来

死んだがもし生きていれば、今頃は何歳になるはずだと年齢を数えることから、言ってもどうしようもない過去のことを悔やむたとえとして、「死んだ子の年を数える」と言うようになった。
このことわざは、江戸時代から見られる。

死んだ子の年を数えるの類語・言い換え

死児の齢を数う/死んだ子の年/死んだ子の年数えで役に立たない/死んだ子の年勘定/割った茶碗を接いでみる/葬礼帰りの医者話/臍を噛む/臍を食う/後悔噬臍/後悔臍を噛む/後悔する/悔やむ/悔いる/悔やんでも悔やみきれない/悔いを残す/悔いが残る/後悔の念に駆られる/後悔の念に苛まれる/未練がましい/未練たらしい/未練タラタラ/未練を残す/未練たっぷり/未練/泣くに泣けない/後の祭り後悔先に立たず覆水盆に返らず

TOP