提灯/ちょうちん

意味

提灯とは、ひごの骨に紙やを張り、中にろうそくや電球を入れた照明具。

提灯の由来・語源

提灯は、「に提げて歩く灯」の意味からの名で、「ちょう」「ちん」ともに唐音(宋音)。
唐音は禅宗関係の用語に多く、提灯も室町時代に禅家によって普及したものである。
「挑灯」という表記もあるが、これも唐音で、「挑」は「かかげる」の意味である。
作られ始めた当初は、折り畳みのできない木の枠に紙を張った「籠提灯」であった。
文禄年間、細い竹で蛇腹の枠にした「箱提灯」が生まれ、提灯は折り畳みのできる照明具となった。


TOP