エビ/海老/蝦/えび

意味

エビとは、甲殻類十脚目に属する長尾類の総称。海水または淡水にすみ、珪藻やプランクトンなどを食べる。食用、また魚類の餌として重要。

エビの語源・由来

エビの体色がブドウに似ていることから、ブドウの古名「えび(葡萄)」に由来する説が多く見られる。
しかし、「えび」と呼ばれていたブドウは、「ヤマブドウ」や「エビヅル」である。
山の近くに生息し、に近い色をしたエビはいないため、諸説ある中で最も考え難い説である。

その他、エビの語源には、枝のようなヒゲがあることから「エビ(枝髭)」の説。
味がうまいことから「エミ(吉美)」の説。
エビは大きなの重要や餌となっており、尾のある餌の意味で「エビ(餌尾)」の説などがある。

エビの別名・類語

海老(かいろう)/海の翁/シュリンプ/プローン/ロブスター

エビの種類

アカエビ/アカザエビ/アシナガモエビ/アメリカザリガニ/イセエビ/イソスジエビ/ウチワエビ/オトヒメエビ/カクレエビ/クルマエビ/コウライエビ/コシマガリモエビ/サクラエビ/サラサエビ/ザリガニ/サルエビ/シバエビ/シラエビ/スジエビ/セミエビ/ゾウリエビ/テッポウエビ/ヌマエビ/バナメイエビ/ブドウエビ/ブラックタイガー/ホッカイエビ/ボタンエビ/モエビ/ロブスター

関連リンク

TOP