イセエビ/伊勢海老/いせえび

伊勢海老の意味

伊勢海老とは、イセエビ科の甲殻類。体長約35センチに達する。姿が立派で美しく、美味であることから、祝儀用・正月用の飾りなどにも用いられる。

伊勢海老の由来・語源

江戸中期の本草書『大和本草』には、「此のエビ、伊勢より多く来る故、伊勢蝦といふ」とあり、当時の都であった京都には、伊勢産のものが多く出回ったことから、伊勢海老は地名に由来する名と考えられている。
その他、磯で多く獲れるエビなので、「イソエビ」が転じて「イセエビ」になったとする説や、「威勢がいい」と掛けたという説もある。
しかし、『大和本草』には「江戸には鎌倉より来る故、鎌倉エビと称す」ともある。
また、伊勢地方では「志摩海老」と呼ばれており、どちらも地名であることから、伊勢産の海老で「伊勢海老」と考えるのが妥当である。
「鎌倉海老」や「志摩海老」の呼称もある中で、「伊勢海老」が一般的な呼称となった理由は定かでないが、漁獲量の多さのほか、古くから祝儀用にされるエビなので、伊勢神宮と結び付けられたと考えられる。

「伊勢海老」の別名・類語

1

2

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。