カッターシャツ

    意味

    カッターシャツとは、襟とカフスが縫い付けられたワイシャツ

    カッターシャツの由来・語源

    カッターシャツは、もと商標名。
    大正7年(1918年)、スポーツ用品メーカー『美津濃(現ミズノ)』によって作られたスポーツ用シャツであった。
    「カッターシャツ」の名は、美津濃創業者の水野利八が「勝った」をもじって付けた造語である。
    カッターシャツの名前の由来には、英語の「cutter」と関連付ける説もあるが、上記のとおり、英語とは関係ない。

    【関連リンク】
    「ワイシャツ」と「カッターシャツ」の違い – 違いがわかる事典

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。