牛耳る/ぎゅうじる

意味

牛耳るとは、組織や団体などを自分の意のままに支配する。

牛耳るの語源・由来

牛耳るは、中国の春秋戦国時代、諸侯が同盟を結ぶ際、盟主がの耳を裂き、皆がその血を吸って組織への忠誠を誓い合ったという『左氏伝(哀公十七年)』の故事に由来する。
この故事から、同盟の盟主となることを「牛耳を執る(ぎゅうじをとる)」と言うようになり、転じて、組織などを思いのままに動かす立場になることを言うようになった。
牛耳るは、この「牛耳を執る」の「牛耳」を動詞化させたものである。

牛耳るの類語・言い換え

牛耳を執る/支配する/束ねる/まとめる/統括する/統率する/統帥する/統轄する/統べる/統治する/治める/君臨する/仕切る/取り仕切る/切り回す/指揮する/采配を振る/采配をとる/采を振る/制する/支配下に置く/指揮下に置く/管理下に置く/麾下に置く/掌握する/覇権を握る/一手に握る/従わせる/従属させる/コントロールする/思い通りにする/ほしいままにする/意のままにする/抑える/制圧する/圧する/睨みを利かせる/権力を握る/権力を持つ/権力を振るう/壟断する/独占する/専有する/自分のものにする/占める

TOP