ヒガンバナ/彼岸花/ひがんばな

意味

彼岸花とは、ヒガンバナ科の多年草。堤や田の畦に生える。曼珠沙華・死人花・仏花など別名が多く、地方名・方言も含めると千以上もの異名がある。

彼岸花の語源・由来

彼岸の頃にを咲かせることから、「彼岸花」と命名された。
彼岸花の伝来は中国からとされるが、日本への伝来時期は多くの説があり不明。
「曼珠沙華(発音はマンジュシャケ)」の名は古くから見られるが、「彼岸花」と呼ばれるようになったのは江戸時代に入ってからである。

彼岸花の別名・類語

曼珠沙華/死人花/仏花/葬式花/墓花/地獄花/幽霊花/火事花/蛇花/剃刀花/狐花/狐の松明/捨て子花/灯籠花/天蓋花/毒花/痺れ花/雷花/葉見ず花見ず/リコリス/レッドスパイダーリリー/ハリケーンリリー/マジックリリー

TOP