南無三/なむさん

意味

南無三とは、驚いたや失敗した時などに発する語。しまった。大変だ。

南無三の語源・由来

南無三は、仏教語「南無三宝(なむさんぼう)」の略。
「南無」はサンスクリット語「namas(ナマス)」や、仏典に用いたパーリ語「namo(ナモ)」の音訳で、「帰命」「帰依」「信じてよりすがる」を意味する。
「三宝」は「」と、仏の教えである「法」、その教えを広める「僧」のことで、仏教ではもっとも敬うべきとされるものである。
つまり、「南無三宝」は「仏」「法」「僧」の三宝の救いを請うという意味である。
三宝の救いを請うことから、失敗した時などに「南無三宝」や略した「南無三」と言うようになり、「しまった」「大変だ」といった感動詞として「なむさんだ」と言うようになった。

南無三の類語・言い換え

南無三宝/しまった/失敗した/オーマイゴッド/オーマイガー/なんてこった/大変だ/てぇへんだ/やばいまずい/しもうた/してもうた/やってもうた/やっちまった/やらかした/しくじった/仕損じた/したり/これはしたり/これははや/いやはや/いやもう/これはまあ/いやはやどうも/いやまったく/しなしたり/やれやれ/あちゃ/いけね/驚いた/あわや/ひやり/あっ/えっ/おっ/オー/はっ/おっと/あらら/あらあら/ありゃ/ありゃありゃ/あれあれ/いや/いやあ/いやいや/うわあ/わあ/はっちゃ/はてさて/おやおや/おやまあ/きゃっ/ぎゃっ/ひゃあ/へえ/ほう

TOP