スダチ/酢橘/すだち

すだちの意味

すだちとは、ミカン科の常緑低木。徳島県の特産。ユズの近縁。果実は酸味が強く、香気があり、調味料に使われる。

すだちの由来・語源

すだちは「酸っぱいタチバナ」の意味で、「タチバナ(橘)」の「タチ」に「酸っぱい(酸)」意味の「ス」を冠した名前
ここでいう「タチバナ」は「ヤマトタチバナ」のことではなく、古く、生食されたミカン類の総称である。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。