独りぼっち/ひとりぼっち

ひとりぼっちの意味

ひとりぼっちとは、身寄りや仲間がなく、孤独であること。「ひとりぽっち」「ひとりぼち」とも。

ひとりぼっちの由来・語源

ひとりぼっちは、「ひとりぼうし(独法師・独り法師)」が音変化した語。
独法師は、宗派・教団などに属さなかったり、離脱した僧侶の境遇をいった言葉で、あてもなく世の中を彷徨い歩くことを「独法師の三界坊」ともいった。
そこから、孤独であることを「ひとりぼうし」と言い、音変化して「ひとりぼっち」となった。
「ぼうし」が「ぼっち」や「ぽっち」に変化した由来は、ポチ袋の「ポチ」と同じく、「ぼっち」や「ぽっち」には「これっぽっち」など「〇〇だけ」の意味があり、孤独であることに関連付けられたと考えられる。

1

2

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。