キョウチクトウ/夾竹桃/きょうちくとう

キョウチクトウの意味

キョウチクトウとは、キョウチクトウ科の常緑低木。インド原産。、紅をつける。

キョウチクトウの由来・語源

キョウチクトウは、中国を経由して江戸中期に渡来したもので、中国名「夾竹桃」の音読み。
夾竹桃は、が細長くの葉に似ており、花がの花に似ていることからの名前である。
「夾」の字は「はさむ」を意味し、「夾竹桃」は竹と桃を混ぜたものを表している。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。