イカ/烏賊/いか

    意味

    イカとは、頭足綱十腕目の軟体動物門の総称。10本の細長い(一般にはと呼ぶ)をもち、そのうち2本の触腕で捕食などをする。敵にあうとを出して逃げる。

    イカの由来・語源

    イカの語源には、その形状から「いかつい(厳つい)」「いかめしい(厳めしい)」の「いか」とする説。
    「い」が発語、「か」が腹部にある「甲」の意味とする説。
    「い」が「」の意味、「か」が「堅い」とする説。
    イカはタコに比べよく泳ぐことから、「いか(行か)」の意味など諸説ある。

    イカの漢字「烏賊」は、中国の言い伝えに由来する。
    その言い伝えは、イカはいつも水面に浮かび、死んでいるように見えるため、水面に浮かんだイカをカラスがついばもうとするが、イカは腕を伸ばして巻きつき、カラスを捕らえるというものである。
    カラスにとってイカは恐ろしい存在で、まるで賊のようなものという意味から、「烏」と「賊」で「烏賊」と表記されるようになった。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。