カミナリイカ/雷烏賊/かみなりいか

意味

カミナリイカとは、コウイカ科のイカ。胴長約40センチ。房総半島以南の沿岸に分布。は厚く、刺身などにされる。モンゴウイカ

カミナリイカの由来・語源

カミナリイカの語源は、の鳴るところで多く獲れるところから。
もしくは、雷のなる季節が旬であるところから、「カミナリイカ」と呼ばれるようになったといわれる。
市場では「モンゴウイカ」と呼ばれるが、最近では「ヨーロッパコウイカ」も「モンゴウイカ」と呼ばれるため、この種を指す際は、本来の名である「カミナリイカ」を用いる方が好ましい。


TOP