モンゴウイカ/紋甲烏賊/もんごういか

    意味

    モンゴウイカとは、カミナリイカの市場名。アフリカ西海岸からヨーロッパ沿岸で漁獲されるヨーロッパコウイカの市場名。東南アジアからインド洋で漁獲されるトラフコウイカの市場名。

    モンゴウイカの由来・語源

    モンゴウイカは、コウイカ科の「カミナリイカ」の市場での名前で、背面にのような模様が多数あることから、「紋のあるコウイカ」という意味で付けられた。
    「モンゴウイカ」は「カミナリイカ」のみを指す呼称であったが、漁獲が激減したことから、現在、「モンゴウイカ」と呼ばれているのは、ほとんどが横縞のまだら模様がある「ヨーロッパコウイカ」である。
    また、「模様のあるコウイカ」=「モンゴウイカ」として、虎斑紋がある「トラフコウイカ」も「モンゴウイカ」と呼ばれる。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。