傷/きず

    意味

    傷とは、切ったり打ったりして皮膚やを損ずること。またその部分。けが。精神的な痛手。物の損じたところ。不名誉なこと。欠点。疵。瑕。

    傷の由来・語源

    傷の語源には、「キリスリ(切擦)」の略、「キリサク(切り裂く)」が転じた説、「キザム(刻む)」と同源説、「キルカサ(切瘡)」の中略「キサ」が転じたなど多くの説があり、「キル(切る)」「キザム(刻む)」に通じると思われるが未詳。
    皮膚の損じたところ以外の意味で「傷」が使われた例は古くからあり、『源氏物語』や『平家物語』でも「欠点」「恥」「不名誉」の意味で「傷」が使用されている。

    【関連リンク】
    「傷」と「怪我」の違い – 違いがわかる事典

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。