ヤスデ/馬陸/やすで

意味

ヤスデとは、倍脚綱の節足動物の総称。は細長く、円筒形か扁平でムカデに似るが、ひとつの体節ごとに二対の歩脚をもつ。毒はないが触ると臭気を発する。

ヤスデの由来・語源

ヤスデは、ムカデに似て多足が特徴的である。
ムカデも)の数が多いことが名前の由来になっているため、「八十手(やそで)」もしくは「弥十手(やそで)」から「ヤスデ」になったと考えるのが妥当である。
漢字の「馬陸」は漢名に由来する。


TOP