唯々諾々/唯唯諾諾/いいだくだく

意味

唯々諾々とは、何事にも他人の言いなりになるさま。

唯々諾々の語源・由来

唯々諾々の「唯」には「ただ」「ひたすら」という意味のほか、即座に「はい」と返事をする意味があり、「唯々」で「はいはい」とすぐさまに返事をすることを表す。
「諾」は引き受けることを意味し、「諾々」で「かしこまりました」と承知することを表す。
この二つが合わさった「唯々諾々」は「はいはいかしこまりました」で、少しも逆らわずに他人の言いなりになるさまの意味となる。
中国の『韓非子』に「此れ人主、未だ命ぜずして唯唯、未だ使わずして諾諾」の例が見られる。

唯々諾々の類語・言い換え

唯々/諾々/唯唯連声/百依百順/百依百随/順従謙黙/盲従/従順/言いなり/言うなり/言う通り/言われるがまま/言いなりになる/付和雷同/付和/雷同/矮子看戯/猟虎の皮/無定見/無批判/無抵抗/尻馬に乗る/右へならえ/意を迎える/従う/任せる/あなた任せ下駄を預ける/操られる/引きずられる/流される/おもねる/靡く/靡然/風に靡く草/イエスマン/忠犬ハチ公//操り人形/糸繰り人形/傀儡/くぐつ/木偶の坊/木偶/からくり人形/ロボット/尾を振る/尻尾を振る/ほいほい

TOP