福島県/ふくしまけん

意味

福島県とは、東北地方南部に位置する県。県庁所在地は福島市。成立は明治2年。

福島県の語源・由来

福島の県名は県庁所在地にあった「城」の名からで、近世の村名・城下町名でもある。
文禄元年もしくは2年(1592・1593年)に、木村吉清によって「杉目城」から「福島城」に改称され、その地域も「福島」と呼ばれるようになった。
城や城下町が「福島」となった由来は、この地域一帯が湖沼で、その真ん中にある信夫山に吾妻おろしが吹きつけていたため、信夫山が「吹島(ふきしま・ふくしま)」と呼ばれるようになり、城の名として縁起の良いものにするため「吹」を「福」にしたとする説がある。

福島県のシンボル

県のケヤキ
県の:ネモトシャクナゲ
県の:キビタキ

福島県の市町村名

福島市/会津若松市/郡山市/いわき市/白河市/須賀川市/喜多方市/相馬市/二本松市/田村市/南相馬市/伊達市/本宮市/桑折町/国見町/川俣町/大玉村/鏡石町/天栄村/下郷町/檜枝岐村/只見町/南会津町/北塩原村/西会津町/磐梯町/猪苗代町/会津坂下町/湯川村/柳津町/三島町/金山町/昭和村/会津美里町/西郷村/泉崎村/中島村/矢吹町/棚倉町/矢祭町/塙町/鮫川村/石川町/玉川村/平田村/浅川町/古殿町/三春町/小野町/広野町/楢葉町/富岡町/川内村/大熊町/双葉町/浪江町/葛尾村/新地町/飯舘村

TOP