ケヤキ/欅/けやき

ケヤキの意味

ケヤキとは、ニレ科の落葉高木。山地に生え、防風林や、並木・盆栽にもする。ツキ。

ケヤキの由来・語源

ケヤキは材が堅く、木目が美しい貴重な木である。
そのため、「けや」は「際立って目立つ」「美しい」といった意味の「けやけし」に由来し、「けやけき木」の略と考えられている。
上代にケヤキは「つき(槻)」と呼ばれていたが、これは「つよき(強木)」の略といわれる。
ケヤキの漢字「欅」は、中国ではクルミ科の落葉高木を指し、日本のケヤキとは全く異なる植物である。

「ケヤキ」の別名・類語

1

2

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。