ニシキヘビ/錦蛇/にしきへび

ニシキヘビの意味

ニシキヘビとは、ニシキヘビ科もしくはボア科のヘビ。全長2メートルから最大10メートル。多くの種は黄褐色に赤褐色または黒褐色の斑紋をもつ。パイソン

ニシキヘビの由来・語源

ニシキヘビは、の斑紋が錦のように美しく光ることからの名。
「ニシキヘビ」の名は、『古事記』に「錦色の小さき蛇」とあるのが最も古く、当初、大形のヘビを指すものではなかった。
「体が美しく光るヘビ」というところから、「おろち」や「ヤマカガシ」など大蛇を指すように変化し、「ニシキヘビ」は「大形のヘビ」という印象が特に強くなった。
今日、東南アジアからアフリカに生息する大形のヘビに「ニシキヘビ」の名が当てられているのは、や美しさよりも、「おろち」や「やまかがし」などの大きさを継いだものであろう。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。