首ったけ/首っ丈/くびったけ

意味

首ったけとは、物事に深くを奪われ、夢中になっているさま。特に、異性にすっかり惚れ込み、夢中になること。

首ったけの由来・語源

首ったけは、名詞「首丈(くびたけ)」が転じた語。
首丈とは元から首までの高さのことで、はまり込んだり、夢中になるさまを「首までどっぷり浸かる」と言うことから用いられるようになった。
近世前期の上方では「くびだけ」と言い、「くびったけ」の形は中期以降に江戸を中心に用いられるようになったもので、江戸では、その他に「くびっきり」も見られる。
首ったけが、異性に夢中になる意味で多く用いられ始めたのは、近代以降である。

「首ったけ/首ったけになる」の類語・言い換え

1

2

TOP